8年ぶりの・・・

こんにちは、池田です。

あんなに暑かった夏が過ぎ去り、だんだん涼しくなってきましたね。

来月には緊急事態宣言も解除されることになり、外へお出かけする方が増えるのではないでしょうか。解除されたあとも気を抜かずに、しっかり感染予防対策を心がけていこうと思います。

 

今月の21日(火)は8年ぶりの満月の十五夜だったそうです。

少し曇ってはいましたが、雲の隙間から見えた月はとても綺麗でした!

日本で十五夜に食べるものと言えばお月見団子ですが、中国では月餅と言う食べ物が定番らしいです。

 

 

こちらがその月餅です。段さんが社員のみんなに配ってくれました!

月餅は薄い皮に包まれた餡の中になんと卵の黄身が入っており、この卵の黄身がお月様を模しているらしいです。

結構大きいサイズで食べきれるか心配でしたが、思いの外甘さは控えめで、

卵の黄身の塩味との相性抜群でとても美味しかったです!

 

中国では十五夜は伝統行事で、当日はこの月餅を家族で分け合って一家団欒を楽しみながら盛大にお祝いするそうです。

今は、実家に帰れず家族団欒という機会があまりない人も多いと思いますが、来月からそういう機会が増えていくといいですね。

 

09.30 | by ikeda
blog